雨の日の体の不調 「梅雨疲労」解消は5つのリセット法で

公開日:

 九州から関東、北陸にかけては梅雨本番。雨の日が続くと、何となく憂鬱だ。なぜか。

「雨をもたらす低気圧のせいです。体への圧力がいつもより低下して、血管やリンパ管が膨張。血液やリンパが滞るため、むくみやすい。暑いのに何となく冷えるのもそのためです」

 こう言うのは、ストレスケア・カウンセラーで「あなたの人生を変える雨の日の過ごし方」(文響社)の著者、美野田啓二氏だ。低気圧だと、自律神経が副交感神経優位になりやすいとも言う。

「そうすると、体が休息モードになるため、仕事などで頑張りたいのに、体が動かしにくく、ダルくなるのです」

 だから体を休めたくなるのだが、そうもいかない。社内を見渡すと、デキる人は“雨鬱”を感じていないのか、テキパキ動いていたりする。ダルい気分を解消して、梅雨疲労をリセットする方法はないか。美野田氏に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る