雨の日の体の不調 「梅雨疲労」解消は5つのリセット法で

公開日: 更新日:

 九州から関東、北陸にかけては梅雨本番。雨の日が続くと、何となく憂鬱だ。なぜか。

「雨をもたらす低気圧のせいです。体への圧力がいつもより低下して、血管やリンパ管が膨張。血液やリンパが滞るため、むくみやすい。暑いのに何となく冷えるのもそのためです」

 こう言うのは、ストレスケア・カウンセラーで「あなたの人生を変える雨の日の過ごし方」(文響社)の著者、美野田啓二氏だ。低気圧だと、自律神経が副交感神経優位になりやすいとも言う。

「そうすると、体が休息モードになるため、仕事などで頑張りたいのに、体が動かしにくく、ダルくなるのです」

 だから体を休めたくなるのだが、そうもいかない。社内を見渡すと、デキる人は“雨鬱”を感じていないのか、テキパキ動いていたりする。ダルい気分を解消して、梅雨疲労をリセットする方法はないか。美野田氏に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る