九州豪雨もたらした「線状降水帯」 東京ならどこが危険か

公開日: 更新日:

 九州北部を襲った記録的豪雨は死者6人、安否不明者17人を出す大惨事となった。計18万世帯の約43万人に避難指示が出され、中でも福岡県朝倉市では24時間雨量で観測史上最大の544.5ミリの降水量を記録。この豪雨をもたらしたのは、積乱雲が次々と発生する「線状降水帯」だった。停滞した梅雨前線に南から暖かく湿った空気が流れ込んだことで雨雲が発達したという。

 気象庁気象研究所の津口裕茂研究官が言う。

「2014年8月の広島土砂災害、15年9月の東日本豪雨も線状降水帯によるものでした。条件次第で関東地方でも線状降水帯が発生します。特に南から暖かい空気が流れ込む9月から10月にかけて発生しやすい。一般の方が天気図や雲行きだけで線状降水帯を見分けることはまず不可能。激しいドシャ降りを見て、“まさか”と思ったら気象ニュースにしっかり耳を傾けましょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  5. 5

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る