もやし業者どうなる 原料豆商社破綻で庶民の味方がピンチ

公開日:

 庶民の味方、もやしが食べられなくなる? スーパーなどで1袋(200グラム)数十円で販売されるもやしが大ピンチなのだ。

 26日、もやしに関するニュースがネットで話題になった。東京商工リサーチが発した「もやし原料豆価格の高騰を販売価格へ転嫁できず、兵庫県の大西商事が破産申請へ」という記事で、ヤフーの「コメントの多い記事(経済)」でトップを獲得した。

「もやし関連企業がこれほど話題になるとは、正直ビックリです。大西商事は、もやしの原料豆を扱う商社ですが、採算性の悪化から破産申請しました。負債額は約3億円です」(東京商工リサーチ情報本部の原田三寛氏)

 大西商事は、最盛期に7億円近い売り上げを誇ったが、ここ数年は3億円台で推移。得意先(もやし生産者)の経営破綻もあり、事業規模を縮小するしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る