もやし業者どうなる 原料豆商社破綻で庶民の味方がピンチ

公開日: 更新日:

 庶民の味方、もやしが食べられなくなる? スーパーなどで1袋(200グラム)数十円で販売されるもやしが大ピンチなのだ。

 26日、もやしに関するニュースがネットで話題になった。東京商工リサーチが発した「もやし原料豆価格の高騰を販売価格へ転嫁できず、兵庫県の大西商事が破産申請へ」という記事で、ヤフーの「コメントの多い記事(経済)」でトップを獲得した。

「もやし関連企業がこれほど話題になるとは、正直ビックリです。大西商事は、もやしの原料豆を扱う商社ですが、採算性の悪化から破産申請しました。負債額は約3億円です」(東京商工リサーチ情報本部の原田三寛氏)

 大西商事は、最盛期に7億円近い売り上げを誇ったが、ここ数年は3億円台で推移。得意先(もやし生産者)の経営破綻もあり、事業規模を縮小するしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  5. 5

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  9. 9

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

  10. 10

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

もっと見る