• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

熊本こむらさき閉店 老舗も気が抜けないラーメン戦国時代

 1954年創業の“元祖”熊本ラーメン「こむらさき」本店(熊本市中央区上林町)が7月いっぱいで閉店する。

「昨年1月から一時休業し、再起を目指していたのですが、その後の熊本地震の影響が大きく、人手不足など、さまざまな理由から閉店を決めました」(広報担当者)

 県内外のファンに愛され続けて63年、苦渋の決断だったようだが、同じ中央区にある上通中央店と、新横浜ラーメン博物館内にある新横浜店は、引き続き営業。ファンはひと安心だろうが、都内で10年以上ラーメン店を営む店主は「人手不足はどこも同じ。あすはわが身です」と漏らす。

 今年5月の有効求人倍率は1.49倍。職業別では「飲食物調理」が2.93倍、「接客・給仕」が3.56倍と、飲食業界の人手不足は深刻だ。

「そこそこ人気だったのにスタッフが集まらず、泣く泣く店を畳んだ仲間を何人も知っています。それに客の好みはコロコロ変わるし、すぐに新しい味に飛びついていく。比較的少ない資金で開業できるラーメン店は、毎年3000店以上が新規にオープンし、同じ数だけ潰れているともいわれる。“戦国時代”どころじゃありません」(前出のラーメン店主)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る