熊本こむらさき閉店 老舗も気が抜けないラーメン戦国時代

公開日: 更新日:

 1954年創業の“元祖”熊本ラーメン「こむらさき」本店(熊本市中央区上林町)が7月いっぱいで閉店する。

「昨年1月から一時休業し、再起を目指していたのですが、その後の熊本地震の影響が大きく、人手不足など、さまざまな理由から閉店を決めました」(広報担当者)

 県内外のファンに愛され続けて63年、苦渋の決断だったようだが、同じ中央区にある上通中央店と、新横浜ラーメン博物館内にある新横浜店は、引き続き営業。ファンはひと安心だろうが、都内で10年以上ラーメン店を営む店主は「人手不足はどこも同じ。あすはわが身です」と漏らす。

 今年5月の有効求人倍率は1.49倍。職業別では「飲食物調理」が2.93倍、「接客・給仕」が3.56倍と、飲食業界の人手不足は深刻だ。

「そこそこ人気だったのにスタッフが集まらず、泣く泣く店を畳んだ仲間を何人も知っています。それに客の好みはコロコロ変わるし、すぐに新しい味に飛びついていく。比較的少ない資金で開業できるラーメン店は、毎年3000店以上が新規にオープンし、同じ数だけ潰れているともいわれる。“戦国時代”どころじゃありません」(前出のラーメン店主)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る