人気店ほど陥る? うまいラーメン屋が急にまずくなるワケ

公開日: 更新日:

「そこそこうまい」と評判のラーメン屋にたまたま立ち寄ったら、「普通においしい」どころか、「むしろまずい」――そんな苦い経験、誰でもしたことがあるはずだ。

 月に40杯はラーメンを食べるというあるラーメンブロガーも、自身のブログで以前「おいしい」と高評価した東京・港区にあるラーメン屋の味が落ちていて、ガク然としたという。

「そのとき作っていたのは創業店長ではなくて、外国人スタッフ。見れば、湯切りは甘いし、スープもぬるいし、あぶりチャーシューのはずがあぶっていない。数カ月前においしいと思ったラーメンとはまるで“別物”になっていたんです。飲食業界の人手不足も極まれりと実感しましたね」

 2016年11月の有効求人倍率(季節調整値)が1.41倍に対し、職業別では、「調理」が3.13倍、「接客・給仕」が3.69倍となっている。飲食業界は、それだけ人手が足りていないというわけ。東京・渋谷区のあるラーメン屋店長も、こう言ってボヤく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る