人気店ほど陥る? うまいラーメン屋が急にまずくなるワケ

公開日: 更新日:

「そこそこうまい」と評判のラーメン屋にたまたま立ち寄ったら、「普通においしい」どころか、「むしろまずい」――そんな苦い経験、誰でもしたことがあるはずだ。

 月に40杯はラーメンを食べるというあるラーメンブロガーも、自身のブログで以前「おいしい」と高評価した東京・港区にあるラーメン屋の味が落ちていて、ガク然としたという。

「そのとき作っていたのは創業店長ではなくて、外国人スタッフ。見れば、湯切りは甘いし、スープもぬるいし、あぶりチャーシューのはずがあぶっていない。数カ月前においしいと思ったラーメンとはまるで“別物”になっていたんです。飲食業界の人手不足も極まれりと実感しましたね」

 2016年11月の有効求人倍率(季節調整値)が1.41倍に対し、職業別では、「調理」が3.13倍、「接客・給仕」が3.69倍となっている。飲食業界は、それだけ人手が足りていないというわけ。東京・渋谷区のあるラーメン屋店長も、こう言ってボヤく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  9. 8

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  10. 9

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る