食中毒リスクは? 老舗の“秘伝のタレ”はなぜ腐らないのか

公開日:

 今月初め、三重・伊勢神宮の倉庫に、琉球国王ゆかりの300年モノの「泡盛古酒」が保管されていることが分かった。アルコール分はなく、蒸留水に近い状態になっていたという。

 ま、さすがに飲むには適さないだろうが、基本的に日本酒は賞味期限が未記載のものが多いし、ワインやブランデーだって年代モノが好まれる。梅干しも同じ。江戸時代につくられた百数十年モノまであったりするが、酒や梅干しでお腹を壊したという話は、あまり聞かない。

 消費者問題研究所代表の垣田達哉氏がこう言う。

「アルコールは未開封なら味は別として腐りません。梅干しは多量の塩分を使っているので保存が利く。塩と砂糖については、100%であれば賞味期限を表示する必要はありません」

 ようかんが生菓子の割に日持ちするのは、製造過程で多量に砂糖を使うからだという。もちろん、添加物が入っているので、永久ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る