総選挙ですっかり定着 「緑のたぬき」はどれだけ売れた?

公開日: 更新日:

 25日の両院議員懇談会で辞任要求を突っぱね続投宣言した希望の党の小池代表。この日、身にまとっていたのは“戦闘服”の緑ではなく、黒のパンツスーツだった。ひょっとしたら、この先ずっと「緑」を封印するかもしれない。

 希望の失速後、小池代表は雑誌などで「緑のたぬき」と散々揶揄された。思わず実物の「緑のたぬき」をズズーッとすすりたくなった人もいたに違いない。

 実際、安倍首相が衆院を解散した9月28日に4180円だった販売元「東洋水産」の株価は、選挙直後の今月24日に4500円まで上昇し年初来高値を更新。「緑のたぬき」もさぞかしバカ売れしたのではないか。

 東洋水産に聞いたところ「この1カ月間で『マルちゃん 緑のたぬき天そば』の販売に大きな変化はありませんでした。『赤いきつね』も同様です」(CSR広報部)

 選挙中は連日、株価全体が最高値を更新。東証1部上場の「東洋水産」の株価も同じ流れで上昇したのかもしれないが、「緑のたぬき」が消費者に再認識されたのは間違いなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る