総選挙ですっかり定着 「緑のたぬき」はどれだけ売れた?

公開日: 更新日:

 25日の両院議員懇談会で辞任要求を突っぱね続投宣言した希望の党の小池代表。この日、身にまとっていたのは“戦闘服”の緑ではなく、黒のパンツスーツだった。ひょっとしたら、この先ずっと「緑」を封印するかもしれない。

 希望の失速後、小池代表は雑誌などで「緑のたぬき」と散々揶揄された。思わず実物の「緑のたぬき」をズズーッとすすりたくなった人もいたに違いない。

 実際、安倍首相が衆院を解散した9月28日に4180円だった販売元「東洋水産」の株価は、選挙直後の今月24日に4500円まで上昇し年初来高値を更新。「緑のたぬき」もさぞかしバカ売れしたのではないか。

 東洋水産に聞いたところ「この1カ月間で『マルちゃん 緑のたぬき天そば』の販売に大きな変化はありませんでした。『赤いきつね』も同様です」(CSR広報部)

 選挙中は連日、株価全体が最高値を更新。東証1部上場の「東洋水産」の株価も同じ流れで上昇したのかもしれないが、「緑のたぬき」が消費者に再認識されたのは間違いなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る