清水アキラも謝罪会見 親は子の犯罪でどこまで責任を負う

公開日: 更新日:

 俳優の清水良太郎容疑者(29)が覚醒剤取締法違反で逮捕されたことを受け、父親の清水アキラ(63)が涙の謝罪会見を行った。今後は息子を突き放すとしながら、「でも家族だから」と揺れる心情も吐露している。

 今回の事件については親の清水にも「甘やかしたツケ」「子は親の合わせ鏡だ」といった非難も出ている。

 子の犯罪について、親はどこまで責任を負うべきなのか。法的には、民法714条で「責任無能力者の監督義務者等の責任」が規定されている。未成年の子や認知症の親などの罪を監督義務者が代わって弁償するというものである。もちろん、清水親子のように成人した子の犯罪まで親が責任を負う必要はない。

 では、なぜ子の犯罪で親を糾弾したり、謝罪させたりするのか。近いところでは、高畑淳子(63)やみのもんた(73)のケースがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る