清水アキラも謝罪会見 親は子の犯罪でどこまで責任を負う

公開日:

 俳優の清水良太郎容疑者(29)が覚醒剤取締法違反で逮捕されたことを受け、父親の清水アキラ(63)が涙の謝罪会見を行った。今後は息子を突き放すとしながら、「でも家族だから」と揺れる心情も吐露している。

 今回の事件については親の清水にも「甘やかしたツケ」「子は親の合わせ鏡だ」といった非難も出ている。

 子の犯罪について、親はどこまで責任を負うべきなのか。法的には、民法714条で「責任無能力者の監督義務者等の責任」が規定されている。未成年の子や認知症の親などの罪を監督義務者が代わって弁償するというものである。もちろん、清水親子のように成人した子の犯罪まで親が責任を負う必要はない。

 では、なぜ子の犯罪で親を糾弾したり、謝罪させたりするのか。近いところでは、高畑淳子(63)やみのもんた(73)のケースがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る