清水アキラも謝罪会見 親は子の犯罪でどこまで責任を負う

公開日:

 俳優の清水良太郎容疑者(29)が覚醒剤取締法違反で逮捕されたことを受け、父親の清水アキラ(63)が涙の謝罪会見を行った。今後は息子を突き放すとしながら、「でも家族だから」と揺れる心情も吐露している。

 今回の事件については親の清水にも「甘やかしたツケ」「子は親の合わせ鏡だ」といった非難も出ている。

 子の犯罪について、親はどこまで責任を負うべきなのか。法的には、民法714条で「責任無能力者の監督義務者等の責任」が規定されている。未成年の子や認知症の親などの罪を監督義務者が代わって弁償するというものである。もちろん、清水親子のように成人した子の犯罪まで親が責任を負う必要はない。

 では、なぜ子の犯罪で親を糾弾したり、謝罪させたりするのか。近いところでは、高畑淳子(63)やみのもんた(73)のケースがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る