未婚より“バツ2”がなぜモテる? 婚活アドバイザーに聞く

公開日: 更新日:

 いしだ壱成(42=写真)が2度目の離婚を告白した。父の石田純一(63)と同じ“バツ2”となったが、実は結婚相談所で、バツ2はモテるのだという。

 人口動態統計(2015年)によると、結婚全体に占める再婚の割合は4分の1。離婚は珍しいことではないし、バツ1はモテると聞く。それは、バツ2、バツ3でも同じで、“未婚男”よりも結婚できる確率は高いそうだ。結婚相談所マリーミー代表で婚活アドバイザーの植草美幸氏がこう言う。

「ウチの相談所に来ている中高年の未婚男性たちは魅力がないんです。親と同居だったり、家事もできない。自分勝手にやってきたんです。その点、結婚を経験した男性は自立しているし、一度は相手の意見も聞きながら暮らした経験があるので、女性も安心できます」

 デートの誘い方も違う。未婚男性は2人にとって最もいい時間を探ろうとしないので、なかなか予定が決まらずに女性をイライラさせてしまう。一方、バツあり男性は女性の扱いがうまいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る