未婚より“バツ2”がなぜモテる? 婚活アドバイザーに聞く

公開日:

 いしだ壱成(42=写真)が2度目の離婚を告白した。父の石田純一(63)と同じ“バツ2”となったが、実は結婚相談所で、バツ2はモテるのだという。

 人口動態統計(2015年)によると、結婚全体に占める再婚の割合は4分の1。離婚は珍しいことではないし、バツ1はモテると聞く。それは、バツ2、バツ3でも同じで、“未婚男”よりも結婚できる確率は高いそうだ。結婚相談所マリーミー代表で婚活アドバイザーの植草美幸氏がこう言う。

「ウチの相談所に来ている中高年の未婚男性たちは魅力がないんです。親と同居だったり、家事もできない。自分勝手にやってきたんです。その点、結婚を経験した男性は自立しているし、一度は相手の意見も聞きながら暮らした経験があるので、女性も安心できます」

 デートの誘い方も違う。未婚男性は2人にとって最もいい時間を探ろうとしないので、なかなか予定が決まらずに女性をイライラさせてしまう。一方、バツあり男性は女性の扱いがうまいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  9. 9

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  10. 10

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

もっと見る