• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

桧山珠美さん(コラムニスト)/有馬晴海さん(政治評論家)

■深夜番組で注目された「腐っても国立」

 女性の活躍が叫ばれた今年、芸能界でも新たなヒロインが登場した。桧山さんは、注目度上昇の女性芸能人でブルゾンちえみを1位に推した。

「近所のスーパーでレジの若い女性が同じメークをしてましたからね。おまえはそれでいいのかと突っ込みたくなりましたが、影響力はハンパないですよ。去年の大晦日の深夜、日付が変わって2017年の元日に放送された日本テレビ系のバラエティー番組『おもしろ荘』で注目されるまでは、まったくの無名。それがネタで売れ、24時間テレビのランナーに抜擢され、ドコモや缶コーヒーのCMに起用され、桐谷美玲とドラマで共演まで果たした。2017年を一気に駆けあがったのです」

 爆発的に売れると、後が続かず一発屋で終わりやすいが、ブルゾンの場合は息が長く続きそうだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る