• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五木寛之氏【年頭特別寄稿】 予測不能の時代に

 平成がまもなく終ろうとしている。それは同時に、昭和がはるか遠くへかすんでしまうということだ。明治は遠くなりにけり、と嘆いた時代と同じように、やがて昭和は過去の風景となるだろう。

 新しい年が、未来への期待にみちた年になるのではない。平成というとらえどころのない時代の幕引きとなるのだ。そのフィナーレを奏でる年の新春にあたって、どんなメッセージを掲げればいいのか。

 今年は昨年にも増して不穏な時代になるのではないか、という予感がある。国際情勢をうんぬんするまでもなく、私たちの日常がきわめて危うい水域にあるからだ。

 超大企業、優良会社といえども一朝にして崩れ去る現実を昨年は見た。それだけではない。一つの国の存在さえ安泰ではないのである。北朝鮮はアメリカの出方次第では、物理的に地上から消滅する可能性すらある。場合によっては日本列島が核攻撃の目標とならないとも限らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る