大王製紙前会長 巨額借り入れ事件<2>「まだ負けてない!」

公開日:  更新日:

 5000億円企業から数十億円企業の経営者へ――。マカオのカジノで106億8000万円“預けた”井川意高さん(53)がビジネスの世界に帰ってきた。現在は親族の関連会社で経営陣のひとりとして采配を振り、ときには自ら現場に立ち、商品の陳列にもアドバイスをすることもあるそうだ。事件で失ったモノもあれば事件のおかげで得たモノもあるという。

 事件がなければ“井川意高”という名前は日本を代表する巨大企業経営者としてしか誰も知る者はいなかっただろう。

「せいぜい、業界紙に時々、名前が出ることがあるという程度ですね」

 だが事件後、大勢の人がその名を知ることに。

「いや、事件の後、ウィキペディアに名前が載るようになって。事件前は載らなかったのにね」

 そして照れ隠しなのか、苦笑しながら「半分本気、半分冗談ですけど」と前置きしながらこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る