• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大王製紙前会長 巨額借り入れ事件<2>「まだ負けてない!」

 5000億円企業から数十億円企業の経営者へ――。マカオのカジノで106億8000万円“預けた”井川意高さん(53)がビジネスの世界に帰ってきた。現在は親族の関連会社で経営陣のひとりとして采配を振り、ときには自ら現場に立ち、商品の陳列にもアドバイスをすることもあるそうだ。事件で失ったモノもあれば事件のおかげで得たモノもあるという。

 事件がなければ“井川意高”という名前は日本を代表する巨大企業経営者としてしか誰も知る者はいなかっただろう。

「せいぜい、業界紙に時々、名前が出ることがあるという程度ですね」

 だが事件後、大勢の人がその名を知ることに。

「いや、事件の後、ウィキペディアに名前が載るようになって。事件前は載らなかったのにね」

 そして照れ隠しなのか、苦笑しながら「半分本気、半分冗談ですけど」と前置きしながらこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る