カメラ20台で死角なし エニタイムフィットネスの防犯事情

公開日: 更新日:

「24時間年中無休」といえば、コンビニやファミレスなどでおなじみだろう。そんな中、注目を集めているのが、2002年に米国で生まれた「エニタイムフィットネス」だ。現在世界27カ国4000店舗以上を展開。国内はオープン8年で約350店舗を構える急成長ぶりだ。

 エニタイムの何がスゴイかというと、その営業スタイル。何と深夜から早朝にかけてはスタッフがいない。無人営業だ。それでいて、米国では、「自宅より安全」と評判なのだ。セキュリティーはどうやって守っているのか。Fast Fitness JAPAN事業企画部の石渡健太郎部長が言う。

「店舗には、監視カメラを設置し、それぞれの監視カメラが死角をつくらないレイアウトや設計を重視しているのです。その設計情報などをもとに、必要な監視カメラの台数や設置角度を計算して設置します。その仕組みは米国と同じ。他社との違いはロッカーに扉を付けていないことで、棚はオープンにしています。これは死角をつくらないためのこだわりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る