カメラ20台で死角なし エニタイムフィットネスの防犯事情

公開日:

「24時間年中無休」といえば、コンビニやファミレスなどでおなじみだろう。そんな中、注目を集めているのが、2002年に米国で生まれた「エニタイムフィットネス」だ。現在世界27カ国4000店舗以上を展開。国内はオープン8年で約350店舗を構える急成長ぶりだ。

 エニタイムの何がスゴイかというと、その営業スタイル。何と深夜から早朝にかけてはスタッフがいない。無人営業だ。それでいて、米国では、「自宅より安全」と評判なのだ。セキュリティーはどうやって守っているのか。Fast Fitness JAPAN事業企画部の石渡健太郎部長が言う。

「店舗には、監視カメラを設置し、それぞれの監視カメラが死角をつくらないレイアウトや設計を重視しているのです。その設計情報などをもとに、必要な監視カメラの台数や設置角度を計算して設置します。その仕組みは米国と同じ。他社との違いはロッカーに扉を付けていないことで、棚はオープンにしています。これは死角をつくらないためのこだわりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る