• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カメラ20台で死角なし エニタイムフィットネスの防犯事情

「24時間年中無休」といえば、コンビニやファミレスなどでおなじみだろう。そんな中、注目を集めているのが、2002年に米国で生まれた「エニタイムフィットネス」だ。現在世界27カ国4000店舗以上を展開。国内はオープン8年で約350店舗を構える急成長ぶりだ。

 エニタイムの何がスゴイかというと、その営業スタイル。何と深夜から早朝にかけてはスタッフがいない。無人営業だ。それでいて、米国では、「自宅より安全」と評判なのだ。セキュリティーはどうやって守っているのか。Fast Fitness JAPAN事業企画部の石渡健太郎部長が言う。

「店舗には、監視カメラを設置し、それぞれの監視カメラが死角をつくらないレイアウトや設計を重視しているのです。その設計情報などをもとに、必要な監視カメラの台数や設置角度を計算して設置します。その仕組みは米国と同じ。他社との違いはロッカーに扉を付けていないことで、棚はオープンにしています。これは死角をつくらないためのこだわりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る