カメラ20台で死角なし エニタイムフィットネスの防犯事情

公開日:

「24時間年中無休」といえば、コンビニやファミレスなどでおなじみだろう。そんな中、注目を集めているのが、2002年に米国で生まれた「エニタイムフィットネス」だ。現在世界27カ国4000店舗以上を展開。国内はオープン8年で約350店舗を構える急成長ぶりだ。

 エニタイムの何がスゴイかというと、その営業スタイル。何と深夜から早朝にかけてはスタッフがいない。無人営業だ。それでいて、米国では、「自宅より安全」と評判なのだ。セキュリティーはどうやって守っているのか。Fast Fitness JAPAN事業企画部の石渡健太郎部長が言う。

「店舗には、監視カメラを設置し、それぞれの監視カメラが死角をつくらないレイアウトや設計を重視しているのです。その設計情報などをもとに、必要な監視カメラの台数や設置角度を計算して設置します。その仕組みは米国と同じ。他社との違いはロッカーに扉を付けていないことで、棚はオープンにしています。これは死角をつくらないためのこだわりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る