• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山手線は全車両に監視カメラ搭載へ 海外鉄道の防犯現状は

 日本の鉄道各社は、防犯カメラの設置を急ピッチで進めている。

 3人が刃物で襲われ殺傷した東海道新幹線では、2015年に車内で起きた放火事件を受け、車両の9割に防犯カメラを設置してきた。今回の事件後は、民間警備会社の警備員を増員し、駅構内や車内の巡回も強化。機械に加え、人間の目でも犯罪を抑止しようという発想だ。

 2年後に東京五輪開催を控えた首都圏の鉄道も、基本的な対策は変わらない。

 JR東日本は今年度以降、新たに製造する、新幹線、在来線のすべての旅客車両に防犯カメラを設置する。山手線では、20年の東京五輪開催までに全車両で導入する予定。1編成(11両)につき5000万円のコストがかかるというが、すでに先月19日から搭載車両を投入し始めている。

 同社は09年末に埼京線の車両内に防犯カメラを設置、痴漢の摘発件数が前年比で6割も減ったという。一定の効果があることは実証済みで、管内の主要駅にも合計2万台を設置している。3人殺傷事件の翌日からは、新幹線駅の構内・ホームや新幹線車内での警戒も強化してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る