山手線は全車両に監視カメラ搭載へ 海外鉄道の防犯現状は

公開日:

 日本の鉄道各社は、防犯カメラの設置を急ピッチで進めている。

 3人が刃物で襲われ殺傷した東海道新幹線では、2015年に車内で起きた放火事件を受け、車両の9割に防犯カメラを設置してきた。今回の事件後は、民間警備会社の警備員を増員し、駅構内や車内の巡回も強化。機械に加え、人間の目でも犯罪を抑止しようという発想だ。

 2年後に東京五輪開催を控えた首都圏の鉄道も、基本的な対策は変わらない。

 JR東日本は今年度以降、新たに製造する、新幹線、在来線のすべての旅客車両に防犯カメラを設置する。山手線では、20年の東京五輪開催までに全車両で導入する予定。1編成(11両)につき5000万円のコストがかかるというが、すでに先月19日から搭載車両を投入し始めている。

 同社は09年末に埼京線の車両内に防犯カメラを設置、痴漢の摘発件数が前年比で6割も減ったという。一定の効果があることは実証済みで、管内の主要駅にも合計2万台を設置している。3人殺傷事件の翌日からは、新幹線駅の構内・ホームや新幹線車内での警戒も強化してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る