歴史的大水害が4年で2度も 広島に集中豪雨はなぜ多いのか

公開日:

 西日本豪雨を解析した防災科学技術研究所によると、被害の大きかった広島県では積乱雲が狭い範囲で線状に連なる「線状降水帯」が発生していたという。西から吹いてくる風と瀬戸内海側から吹いてくる南風がぶつかって強い上昇気流が生まれ、長時間にわたって積乱雲が発生し続けた可能性があるそうだ。

 広島市では4年前の2014年にも、3時間に200ミリを超える豪雨と、それに伴う土砂災害に見舞われている。この時も「線状降水帯」が形成されていた。

 ウェザーマップの気象予報士・片山由紀子氏は、「過去に起きた大規模豪雨でも線状降水帯が形成されています。そのメカニズムは解明しきれていませんが、気象と環境で一定の条件が重なると発達した雨雲が同じ場所で繰り返し発生し、長時間停滞するのが特徴。通常の雨雲は寿命が30分~1時間といわれますが、線状降水帯の場合は、2~3時間滞留します」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る