都市にも潜む水害の恐怖 専門家はターミナル駅の盲点指摘

公開日:  更新日:

 近畿から九州まで広範囲に大雨特別警報が出されてから、13日で1週間。平成に入って最悪の被害をもたらした西日本豪雨による死者は14府県200人を超え、15府県でおよそ7000人がなお避難生活を余儀なくされている。土砂崩れや河川氾濫の被害を受けた地域ではライフラインやインフラ復旧が進まず、生活再建のメドも立たないが、山間部特有の被災だと見たら大間違いだ。水害の恐怖は開発された都市部にも潜む。とりわけ危ないのが、人の流れを集めるターミナル駅周辺だ。

 立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)はこう言う。

「鉄道を敷き、駅を造るにはまとまった用地や取得費用が必要です。広大な用地買収を低コストで実現するために鉄道駅は既存の集落、あるいは住宅街から離れた土地、人があまり住まない安価な土地に立地するケースが珍しくない。つまり、多くの駅が自然条件の悪い土地に立っているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る