マンホール吹き出たら避難…都市が溺れる“内水氾濫”の恐怖

公開日:

 マンホールから水が勢いよくあふれる。近くに川などない。

「父さん、早く逃げて」

「川の堤防も決壊していないのに何で逃げるんじゃ?」

 これが都市型水害といわれる「内水氾濫」の怖さだ。先日の西日本豪雨でも広島市や福岡・久留米市の一部で確認された。

 大河川の氾濫によって起こる洪水を「外水氾濫」と呼ぶのに対し、局地的豪雨(ゲリラ豪雨)による増水で排水が間に合わず、特定のスポットが水浸しになることを「内水氾濫」と言う。東京都は大雨の種類によって8種類の洪水ハザードマップを作成しているが、最近、にわかに注目を集めているのが、この内水氾濫なのだ。

「ゲリラ豪雨によって中小河川で堤防の開閉などが間に合わず、また排水路や下水道などが一定の水位を超えると地上から水が噴出します。1時間雨量が50ミリを超えると排水ポンプでは追いつかなくなるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る