マンホール吹き出たら避難…都市が溺れる“内水氾濫”の恐怖

公開日: 更新日:

 マンホールから水が勢いよくあふれる。近くに川などない。

「父さん、早く逃げて」

「川の堤防も決壊していないのに何で逃げるんじゃ?」

 これが都市型水害といわれる「内水氾濫」の怖さだ。先日の西日本豪雨でも広島市や福岡・久留米市の一部で確認された。

 大河川の氾濫によって起こる洪水を「外水氾濫」と呼ぶのに対し、局地的豪雨(ゲリラ豪雨)による増水で排水が間に合わず、特定のスポットが水浸しになることを「内水氾濫」と言う。東京都は大雨の種類によって8種類の洪水ハザードマップを作成しているが、最近、にわかに注目を集めているのが、この内水氾濫なのだ。

「ゲリラ豪雨によって中小河川で堤防の開閉などが間に合わず、また排水路や下水道などが一定の水位を超えると地上から水が噴出します。1時間雨量が50ミリを超えると排水ポンプでは追いつかなくなるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

  10. 10

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

もっと見る