関東・関西「住みたい街」の水没リスクを測量士がチェック

公開日: 更新日:

 西日本豪雨で命を落とした人は200人を超えている。50年に一度という猛烈な雨が降り続き、甚大な被害が出た岡山県鏡野町では8日までの11日間で600ミリ近い雨量を記録。高知県馬路村は、なんと1852ミリだ。

 西日本の広いエリアで数カ月分の雨がドッと降った格好だが、東京や大阪の都市部はそれほど大量な雨でなくても水没しかねないという。

 測量士で、地理空間情報アナリストの遠藤宏之氏が言う。

「東京や大阪などの大都市は、住宅やオフィスが密集している上、土地がアスファルトで覆われているため、水の逃げ場が下水のみです。雨量が50ミリを超えると、下水があふれ出して、氾濫を起こす恐れがあります」

 では、どんなところが危ないのだろうか。水害との関係で指摘されるのは、隅田川の東に広がるゼロメートル地帯。江東区や江戸川区のハザードマップでも危険性が指摘されているが、水害は絶対的な低さで決まるわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る