関東・関西「住みたい街」の水没リスクを測量士がチェック

公開日:

 西日本豪雨で命を落とした人は200人を超えている。50年に一度という猛烈な雨が降り続き、甚大な被害が出た岡山県鏡野町では8日までの11日間で600ミリ近い雨量を記録。高知県馬路村は、なんと1852ミリだ。

 西日本の広いエリアで数カ月分の雨がドッと降った格好だが、東京や大阪の都市部はそれほど大量な雨でなくても水没しかねないという。

 測量士で、地理空間情報アナリストの遠藤宏之氏が言う。

「東京や大阪などの大都市は、住宅やオフィスが密集している上、土地がアスファルトで覆われているため、水の逃げ場が下水のみです。雨量が50ミリを超えると、下水があふれ出して、氾濫を起こす恐れがあります」

 では、どんなところが危ないのだろうか。水害との関係で指摘されるのは、隅田川の東に広がるゼロメートル地帯。江東区や江戸川区のハザードマップでも危険性が指摘されているが、水害は絶対的な低さで決まるわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る