関東・関西「住みたい街」の水没リスクを測量士がチェック

公開日:

 西日本豪雨で命を落とした人は200人を超えている。50年に一度という猛烈な雨が降り続き、甚大な被害が出た岡山県鏡野町では8日までの11日間で600ミリ近い雨量を記録。高知県馬路村は、なんと1852ミリだ。

 西日本の広いエリアで数カ月分の雨がドッと降った格好だが、東京や大阪の都市部はそれほど大量な雨でなくても水没しかねないという。

 測量士で、地理空間情報アナリストの遠藤宏之氏が言う。

「東京や大阪などの大都市は、住宅やオフィスが密集している上、土地がアスファルトで覆われているため、水の逃げ場が下水のみです。雨量が50ミリを超えると、下水があふれ出して、氾濫を起こす恐れがあります」

 では、どんなところが危ないのだろうか。水害との関係で指摘されるのは、隅田川の東に広がるゼロメートル地帯。江東区や江戸川区のハザードマップでも危険性が指摘されているが、水害は絶対的な低さで決まるわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る