• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

1985年に来日 野村総研での1年間の研修が契機となり再来日

投稿日:

中国人留学生専門「大学予備校」で成功した女性<2>

 都内ナンバーワンの進学率を誇る中国人留学生専門の予備校「フジ国際語学院」は、今年創立して30年目を迎える。

 1989年6月2日、日本語学校として設立。これまでの道のりを振り返ってみると、外国人留学生における日本語教育の歴史の縮図であった。それを語るには創始者のひとりであり、理事長のZ氏抜きでは始まらない。

 Z氏は、遼寧省瀋陽市生まれ。瀋陽市は中国東北地方にある重工業地帯の大都市で、国営企業が集中していた。“高考”(大学受験)が復活してから間もなく、才媛の誉れ高かったZ氏は北京の名門である対外経済貿易大学に入学。卒業後、政府機関の経済貿易部に配属され、同時通訳をこなしていた。

 1985年に国費で初来日。日本経済を勉強するためであった。というのも当時、中国は改革開放にかじを切ったばかり。経済をそのまま“卡車”(計画経済を意味するトラック)で続けるか、それとも“轎車”(市場経済を意味する乗用車)に切り替えるかを模索する時期だった。Z氏は政府から東京の野村総合研究所に派遣され、研修生活を送ったのである。その1年間をこう述懐する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る