周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

1985年に来日 野村総研での1年間の研修が契機となり再来日

公開日:

中国人留学生専門「大学予備校」で成功した女性<2>

 都内ナンバーワンの進学率を誇る中国人留学生専門の予備校「フジ国際語学院」は、今年創立して30年目を迎える。

 1989年6月2日、日本語学校として設立。これまでの道のりを振り返ってみると、外国人留学生における日本語教育の歴史の縮図であった。それを語るには創始者のひとりであり、理事長のZ氏抜きでは始まらない。

 Z氏は、遼寧省瀋陽市生まれ。瀋陽市は中国東北地方にある重工業地帯の大都市で、国営企業が集中していた。“高考”(大学受験)が復活してから間もなく、才媛の誉れ高かったZ氏は北京の名門である対外経済貿易大学に入学。卒業後、政府機関の経済貿易部に配属され、同時通訳をこなしていた。

 1985年に国費で初来日。日本経済を勉強するためであった。というのも当時、中国は改革開放にかじを切ったばかり。経済をそのまま“卡車”(計画経済を意味するトラック)で続けるか、それとも“轎車”(市場経済を意味する乗用車)に切り替えるかを模索する時期だった。Z氏は政府から東京の野村総合研究所に派遣され、研修生活を送ったのである。その1年間をこう述懐する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る