周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

日本人妻の実家の経済力と自身の商才で店を次々とオープン

公開日:

 中国人が東京で中華料理店を出店する際、なくてはならない存在と頼られている会社がある。店舗改装、調理スタッフの手配、さらには法的手続きの専門家の紹介まで一切合切の面倒を見てくれる「長城協力」だ。

 社長のC氏は1967年、中国東北地方の遼寧省大連市生まれ。大連外国語大学在学中、日中と香港の合弁企業で2年間、働いていた。

 当時のことをC氏が振り返る。

「ご存じだと思いますが、大連は中国の開放的な港町の代表として、いち早く外資を導入し経済発展を遂げていました。私はその外資系の電子部品工場で、日本人との付き合い方を学び、ビジネスのイロハも身に付けました」

 93年9月、すでに日本に渡って仕事をしていた母親側の叔父を頼りに私費留学生として来日。その時、C氏は26歳。日本語もそこそこできて、社会経験もほどほどあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る