周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

日本人妻の実家の経済力と自身の商才で店を次々とオープン

公開日: 更新日:

 中国人が東京で中華料理店を出店する際、なくてはならない存在と頼られている会社がある。店舗改装、調理スタッフの手配、さらには法的手続きの専門家の紹介まで一切合切の面倒を見てくれる「長城協力」だ。

 社長のC氏は1967年、中国東北地方の遼寧省大連市生まれ。大連外国語大学在学中、日中と香港の合弁企業で2年間、働いていた。

 当時のことをC氏が振り返る。

「ご存じだと思いますが、大連は中国の開放的な港町の代表として、いち早く外資を導入し経済発展を遂げていました。私はその外資系の電子部品工場で、日本人との付き合い方を学び、ビジネスのイロハも身に付けました」

 93年9月、すでに日本に渡って仕事をしていた母親側の叔父を頼りに私費留学生として来日。その時、C氏は26歳。日本語もそこそこできて、社会経験もほどほどあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る