• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

日本人妻の実家の経済力と自身の商才で店を次々とオープン

 中国人が東京で中華料理店を出店する際、なくてはならない存在と頼られている会社がある。店舗改装、調理スタッフの手配、さらには法的手続きの専門家の紹介まで一切合切の面倒を見てくれる「長城協力」だ。

 社長のC氏は1967年、中国東北地方の遼寧省大連市生まれ。大連外国語大学在学中、日中と香港の合弁企業で2年間、働いていた。

 当時のことをC氏が振り返る。

「ご存じだと思いますが、大連は中国の開放的な港町の代表として、いち早く外資を導入し経済発展を遂げていました。私はその外資系の電子部品工場で、日本人との付き合い方を学び、ビジネスのイロハも身に付けました」

 93年9月、すでに日本に渡って仕事をしていた母親側の叔父を頼りに私費留学生として来日。その時、C氏は26歳。日本語もそこそこできて、社会経験もほどほどあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る