周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

主催イベントには開業を目指す2500人もの中国人が殺到する

公開日: 更新日:

中華料理業界のドンと呼ばれる男<1>

 東京・JR総武線、錦糸町駅南口。駅前ロータリーの向こうにそびえ立つ丸井錦糸町店8階に「すみだ産業会館」がある。

 都内屈指のスカイツリービューポイントとして知られる広さ1200平方メートルの展示ホールでは、毎年、「全日本中華料理経営者支援展示会」というマニアックなイベントが開催される。10回目となった昨年は、例年以上の盛況ぶりで、約2500人が来場した。

「参加費を支払えば、誰でも参加できます。展示会ではいろいろなコーナーが設けられ、食材だけでも、米類、麺類、肉類、酒類、調味料、野菜、水産品など、中華料理に関わる大半の食材が網羅されていました」(中華食材問屋担当者)

 会場に並ぶのは食材だけではない。

「食材以外、厨房設備や家具、さらには内装、看板、メニュー表など、商売に関わるあらゆるサービスを提供していました。ここに来れば、短期間で中華料理店開店の準備が整いますね」(中華料理フランチャイズ店の経営者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る