周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

妻の実家に反対され決別も…立ち上げた新ビジネスで大儲け

公開日:

 金を掘るより、ツルハシを売れ――。

 この言葉にヒントを得たC氏は、中華料理に関わる食材と人材を束ねる会社をつくることを思いつく。しかし、残留孤児出身の奥さんと義父に猛反対を食らう。

 理由は簡単だ。“ズル賢い在日中国人を商売相手にするより、堅実に中華料理店の経営をした方が無難だ”と義父は言う。

 C氏の中華料理店は合計6店舗まで拡大していたが、もとはといえば義父の経済力があればこそ。C氏は迷ったが決意は変わらなかった。

 C氏を思いとどまらせるため、妻は子供のことを持ち出し、揚げ句に離婚を切り出した。

「ずっとマスオさんになるのは楽だけど、オレの本当にやりたいことは違う。男には大事なロマンがあるんだよ」(C氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る