周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

妻の実家に反対され決別も…立ち上げた新ビジネスで大儲け

公開日: 更新日:

 金を掘るより、ツルハシを売れ――。

 この言葉にヒントを得たC氏は、中華料理に関わる食材と人材を束ねる会社をつくることを思いつく。しかし、残留孤児出身の奥さんと義父に猛反対を食らう。

 理由は簡単だ。“ズル賢い在日中国人を商売相手にするより、堅実に中華料理店の経営をした方が無難だ”と義父は言う。

 C氏の中華料理店は合計6店舗まで拡大していたが、もとはといえば義父の経済力があればこそ。C氏は迷ったが決意は変わらなかった。

 C氏を思いとどまらせるため、妻は子供のことを持ち出し、揚げ句に離婚を切り出した。

「ずっとマスオさんになるのは楽だけど、オレの本当にやりたいことは違う。男には大事なロマンがあるんだよ」(C氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る