包丁も握れない偽コックが大量来日し新ビジネスが大ピンチ

公開日:

中華料理界のドンと呼ばれる男<4>

 中国からコックさんを次々と日本に受け入れ、中華料理店に就職させ双方から手数料を取る――。このオイシイ商売は数年間続いた。C氏は多くの手数料と管理費を手にしたが、ある日、予想外の事態が起きた。

「あまりにも多くの料理人たちが来日したので、結局コックさんが余ってしまった。1店舗の求人に8人も殺到するようなケースをしばしば目にしたよ」(新宿にある中華料理店の中国人オーナー)

「もともと、日本に来られるコックさんは中国政府が認定する1級調理師の免許証とそれを証明する公証書が必要だけど、国柄というか、それらは全部お金で買えるらしい。ウチの店に来た男は包丁も握れなかったから、すぐクビにしたんだけどね」(別の中華料理店の日本人オーナー)

 2005年ごろの話だ。“日本に行けば稼げる”という話だけで、偽のコックたちが大量に中国から日本に上陸したのだ。この事実は、次第に業界に広まり、ついに入国管理局が動き出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る