3000万人の駆け込み寺 中古ガラケーショップの人気機種

公開日:

 携帯電話の契約数は昨年末で約1億7000万件で、人口に対する普及率は約134%に上る。その多くがスマホだが、日本で独自の進化を遂げたガラケーユーザーは3000万人に上るといわれる。

 そんなガラケー派にとっての難題が買い替えだろう。大手キャリアーが相次いでガラケー生産を縮小したことで、故障などで買い替えようにもままならない。そんなガラケー難民の駆け込み寺が、東京・神田にあるという。

 JR神田駅北口から徒歩5分ほどの「携帯市場 神田本店」が、その店。全国初の中古ガラケー専門店として昨年11月にオープン。店内には、約300台の中古ガラケーがズラリと並ぶ。歴代の機種が年代ごとに展示されているため、懐かしの一台が目に留まるはずだ。

「ウチに来られる方は、通話の利用が多く、スマホで“売り”の情報通信はほとんど使いません。それで、中古のガラケーで状態の良いものをお求めにいらっしゃいます」(ショップスタッフの横山朝美さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る