台風襲来の前に「自宅撮影」を 万全期すなら“アノ手”が…

公開日:

 またもや台風が上陸した。それでなくとも近年は、突然のゲリラ豪雨や河川の氾濫による建物浸水、土砂崩れによる流失が増えている。

 そこで、もう一度チェックしておきたいのが、火災保険の補償内容の確認。水災補償に入っていれば、建物の浸水被害はもちろん、車の水没や塀が倒れて隣家の車を傷つけた場合などにも補償してくれる。また、補償対象が家屋のみか、家財も含まれるのかもあわせて確認しておきたい。

 だが、うっかり忘れがちなのが、「自宅の撮影」だ。災害での損害が、被災か家の劣化か特定できず、罹災証明(自然災害による住居の被害)や被災証明(物置や立ち木など)が下りないケースもあったりする。台風が去った後、役所の人とモメないためだ。火災保険の支払い手続きには、この証明書が必要になる。そのためデジカメで家屋のほか、部屋の家具もパチリ。また、床上浸水するような場面に遭遇したら、気を落ち着かせてその光景も忘れずに撮影しておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る