台風襲来の前に「自宅撮影」を 万全期すなら“アノ手”が…

公開日: 更新日:

 またもや台風が上陸した。それでなくとも近年は、突然のゲリラ豪雨や河川の氾濫による建物浸水、土砂崩れによる流失が増えている。

 そこで、もう一度チェックしておきたいのが、火災保険の補償内容の確認。水災補償に入っていれば、建物の浸水被害はもちろん、車の水没や塀が倒れて隣家の車を傷つけた場合などにも補償してくれる。また、補償対象が家屋のみか、家財も含まれるのかもあわせて確認しておきたい。

 だが、うっかり忘れがちなのが、「自宅の撮影」だ。災害での損害が、被災か家の劣化か特定できず、罹災証明(自然災害による住居の被害)や被災証明(物置や立ち木など)が下りないケースもあったりする。台風が去った後、役所の人とモメないためだ。火災保険の支払い手続きには、この証明書が必要になる。そのためデジカメで家屋のほか、部屋の家具もパチリ。また、床上浸水するような場面に遭遇したら、気を落ち着かせてその光景も忘れずに撮影しておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る