DA PUMPで注目 「ダサかっこいい」を服飾史研究家が解説

公開日: 更新日:

 今年の「新語・流行語大賞」にノミネートされた「ダサかっこいい」は、DA PUMPの「U.S.A.」のヒットがキッカケで流行した。同じように、「かつて一世を風靡したものが時代遅れとなり、ダサいけどそのレトロ感がかえって格好良く見える」という現象はファッションの世界では数年前から起きているのだ。

 たとえば、オヤジ世代にはダサい象徴の「上下デニム」「白ソックス」を、今の若者はオシャレとして着こなす。渋谷にたむろする女子中高生のダボッとしたダサジャージーの多くは、父親のお古だ。服飾史研究家の辻元よしふみ氏はこう言う。

「オシャレというのは、正統を知った上でうまく崩して個性を出すのが本質。普通にやればダサいと分かった上で、あえて試みるチャレンジ精神がカッコイイと映るのでしょう。例えば上下デニムの場合、生地や質、ブランドを微妙に変えてメリハリを付けるとか、白いソックスはかつて流行した80年代ごろのプレッピー(アメリカの学生カジュアル)ファッションを意識して全体に古めのコーデを試みるといった具合です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

もっと見る