荻野目洋子&DA PUMP復活 芸能プロの多角化と生き残り戦略

公開日:

「面白いね。もうこのまま紅白とか出ればいいのにね」

 とタレント有吉弘行(44)は言った。90年代後半から00年代前半にかけ、多数のヒット曲を飛ばしながら、人気が低迷していたダンスグループ「DA PUMP」。唯一のオリジナルメンバーで、このほど結婚を発表したISSA(39)は全国のショッピングモールを回るツアーを行うなどして、新曲「U.S.A.」のヒットにつなげた。毒舌で知られる有吉だが、この復活劇には「すごいね。根性があるね。普通てんぐになっちゃって、そんなんできないよってやめるよね。すごいなって思った」と手放しで称賛していた。

 DA PUMPは、昨年から再ブレーク中の荻野目洋子と同じライジングプロ所属である。平哲夫社長は安室奈美恵の芸能界での育ての親として知られ、プロデューサー小室哲哉氏とマッチングさせてミリオンヒットを連発させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る