平均年収323万円 幼保無償化で保育士が余計に足りない問題

公開日: 更新日:

 消費増税がスタートした同じ日、子育て世帯の家計負担を減らす「幼児教育・保育の無償化」も始まった。すべての3~5歳児と住民税非課税世帯の0~2歳児が対象で、幼稚園(延長保育を併用)は月額最大3.7万円まで無料になる。

 子を持つ親にとっては大助かりだが、浮いたお金はどこへ向かうのか。シッター大手「スマートシッター」のアンケートによると、「貯金」が約4割で最も多く、「子供の習い事」が3割で続いた。

「無償化後の女性の就業意欲を聞いたところ、フルタイム勤務をする人は13%で、パートも含めた働く意向を持つ人は全体の26%でした。これを機に女性の仕事復帰も進む可能性はあります。また手前味噌になりますが、当社のシッターは保育士などのほか、看護師の資格がある人もいます。保育所や幼稚園は、お子さんが病気になると急に呼び出されたりしますが、うまくシッターを活用される方もいます。もちろん、シッターも今回の無償化の対象です」(同社広報室)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  5. 5

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る