学級崩壊寸前の学校も “ブランド公立小学校”の理想と現実

公開日: 更新日:

 親の所得と子供の教育は相関関係にあり、実際、東大生の親の年収は900万円を超えると言われている。世帯年収が高ければ、塾や習い事にお金が十分かけられるので、当然、子供の学力は上がりやすく受験にも有利だろう。 

 昨今は少子化にも関わらず、都市部を中心に中学受験をする小学生の割合は増えている。なかには、より上位校に合格させるために、「住むエリア選び」に余念がない親も少なくないという。

「私立小学校を受験させる気はないので、中学校はなるべくいいところに入れさせたいという気持ちはあります。周りではなるべく学力の高い子が集まっている公立小学校に入学させるために、わざわざその通学エリアに引っ越す家庭も少なくないですね」(保育園児の子供がいる30代女性)

 都内には、学力の高い子供が集まる“ブランド公立小”がいくつかある。さまざまな背景の子供が集まる公立校をいじめや不登校が起こりやすいという理由で避ける家庭も少なくないというが、ブランド公立小は一般の公立小とそんなに違うのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る