犬山紙子さん<5>現実と向き合うことで考え方の軸ができた

公開日: 更新日:

 29歳で本を出版するという夢をかなえて、30代は雑誌やウェブで連載を持ちながら、テレビのコメンテーターも務める。2014年に結婚し、17年に第1子となる長女を出産。公私ともに充実した日々だった。

 18年には、児童虐待問題に声をあげるボランティアチーム「#こどものいのちはこどものもの」も立ち上げている。メンバーはタレントの真鍋かをり、歌手の坂本美雨、タレントの福田萌ら。彼女たちと一緒にSNSで集まった5000人の声を厚労省副大臣に提出した。賛同者の輪はどんどん拡大している。

 現在は、社会的に養護が必要な子どもたちにクラウドファンディングで支援を届けるプログラム「こどもギフト」のメンバーとしても活動中だ。

 こうした活動に力を入れるきっかけとなったのは、東京都目黒区の女児(当時5)が両親に虐待されて死亡した事件だった。すでに情報番組のコメンテーターとして活動していた犬山さんは動かずにはいられなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る