奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「本当は危ない国産食品 」(新潮新書)がある。

米国では牛のみならず鶏にも豚にも肥育ホルモンを使用

公開日: 更新日:

 米国牛には、国産牛の600倍ものエストロゲン(女性ホルモン)が残留していることを発見したのは半田康医師だったと書いたが、彼が大手ハンバーガーチェーンのミートパテに含まれるエストロゲン濃度を測っていたとき、奇妙なことに気がついたそうだ。

 エストロゲンは20種以上確認されているが、その中でもっとも生理活性が強いのがE1とE2だ。E2の方がより危険性は高いといわれる。通常、E1は飼料に混ぜて鶏などに食わせる。E2は、カプセルに入れて牛の耳に打ち込む。当然、牛肉はE1よりE2の方が高い。実際、スーパーで買った米国牛を調べると、脂肪のE2はE1の2倍、赤身肉には4倍もある。ちなみに鶏肉はこの逆で、E1はE2の約10倍の濃度だ。

 こうした予備知識を知ったうえで半田医師の論文を読むと、おかしなことがわかる。ハンバーガーは牛肉100%となっているから、E2が高くなるはず。ところが、計測したデータでは、E1がE2の7倍も高い。逆だ。E2の数値から米国牛を使っていることは明らかだが、E1の異常な数値は理解できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る