奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)がある。

ホルモン入り米国牛肉は延々と日本に押しつけられる宿命

公開日: 更新日:

 現在、米国の農家が大苦境にあることを前回書いた。それもトランプの“政策”によってだ。今年の8月、ガソリンにエタノール混合の義務を免除したためにトウモロコシ価格が下落した。さらに中国との貿易戦争で、米国産の大豆や豚肉は中国から締め出され、またTPP離脱によって、牛肉や豚肉の日本輸出も芳しくない。米国の農家や畜産業は収入減で踏んだり蹴ったりだ。

 その農家の反発を恐れたトランプは、日本円で1兆7000億円の補助金で批判を和らげようとしたが、たいした効果はない。このままだと来年の大統領選に向けて、テキサス州など中部・南部の大票田が危ない。

 そこで日本がターゲットになっている。今年秋に大急ぎで妥結した日米貿易協定。そのキモは、日本側に米国産農産物の輸入関税を引き下げさせることであり、まんまと成功した。これで、今まで以上に大量に安い米国牛肉が日本に入ってくる。「シンゾーは友達」とか言って、トランプは米国農家のために新たな市場を創造したのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  8. 8

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る