奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「本当は危ない国産食品 」(新潮新書)がある。

大統領選狙い農家救済に動き…トランプは日本に目をつけた

公開日: 更新日:

 トランプはニューヨーク生まれの典型的なお坊ちゃん。中西部の田舎で泥まみれになって牛や豚、トウモロコシや小麦を育てる農家などに関心がない。親から譲り受けた不動産業を引き継いで言葉巧みに巨万の富を得てきたトランプにはむしろ苦手な相手である。

 にもかかわらず、トランプはなぜ牛肉など米国農産物の日本への輸出に異常なこだわりをみせるのか。それは米中貿易摩擦の直撃を受け、共和党の強固な支持基盤である米国農家が深刻な苦境にあるからだ。

 米国の対中関税の引き上げという制裁に対抗して、中国も大豆などの農産物の輸入関税を大幅に引き上げた。そのスキを狙ってブラジルやロシアが中国に輸出したものだから、結果的に米国内の農家の首を絞めることになった。中国商務部によると、1~4月の米国産大豆の輸入量は7割、豚肉は5割も減った。そのうえ今年の米国農家は、日本と同じように洪水や高温という異常気象にも見舞われて借金が拡大していった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る