ソーケン有吉徳洋社長が「伝習録」から学んだ“良知”の精神

公開日: 更新日:

「ちょうどいま、25年ぶりに就業規則を見直しています。会社を守るための就業規則は多いのですが、社員のためというのはあまりない。これまでのものを一度白紙にし、賃金規則から1個ずつ、社員たちと一緒に作ろうとしています」

 ソーケンは、オフィス内装やインテリアを手掛ける会社。有吉徳洋氏はソーケングループを束ねる2代目社長になる。

 昭和40年代、父親がロールカーペットの販売会社を創業。団地や航空機の内装で急成長させた。徳洋さんは旅行業界を経て、30代前半で父の会社に就職。40歳で社長を交代する予定だった。

「ところが、2004年に創業者である父が白血病で急逝しました。当時私は35歳。経営のことは何もわかりません。とにかく本から学ぼうと、雑誌やビジネス書を読み、気になる著者にはすべて会いに行きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  10. 10

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

もっと見る