INTLOOP林博文社長 コンサル時代によく読んだ色の本の狙い

公開日: 更新日:

 2021年卒業生の就職活動が本格化する中、コンサルティング業界が人気だ。かつては東大や京大、早慶などトップエリートに限られる狭き門だったが、その裾野が広がっている。今回登場の林さんは、外資系コンサル大手の現アクセンチュア(元アンダーセン・コンサルティング)を経て、05年に独立した。自らを「飽き性」だという社長の読書術は……。

  ◇  ◇  ◇

「学生のころはハードボイルドやサスペンスが好きで、北方謙三さんのシリーズを好んで読んでいました。シリーズ名? なんだろう。僕、読み終えると、すぐ古本屋に売っちゃうんで、手元には本がほとんどないんですよ。どちらかというと、アウトローな性格で、現実と離れた世界の話に共感するんだと思います。村上春樹さんも読んだことはありますが、僕には響かなくて」

 中学時代、野球部の練習があっても、「きょうはゲームをやりたい」と思えば、練習をサボる。決められたことに従うのが嫌で、同志社大法学部時代は週5や週6で居酒屋バイトに励んでいた。就職氷河期の1996年、大学を卒業すると、憧れのコンサルタントに就く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る