積雪量は平年2割以下…水不足と灼熱地獄が東京五輪を襲う

公開日: 更新日:

「東京砂漠」の二の舞いか――。

 全国的な暖冬で深刻化している雪不足。気象庁は24日、「地域によっては春から夏にかけて水不足になる可能性がある」と異例の呼び掛け。水不足に陥れば、半年後の東京五輪開催は重大危機に直面する。

 降雪量は日本海側を中心に多くの観測所で平年の20%以下(11月1日~1月23日の累積降雪量)を記録。冬の観光やレジャーに影響が出ており、ウェザーニューズによると、全国385カ所のスキー場のうち約4分の1が営業できていないという。

 2月以降も暖冬が続くというから、雪不足の影響でこの夏は水枯れになる可能性が高い。

■1964年大会の直前も渇水

 オリンピックイヤーは水神様の機嫌が悪いのか、1964年の大会直前も渇水が東京を襲った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る