警備都合で草木ゼロ「おもてなし」には程遠い選手村の実態

公開日: 更新日:

 こんな無機質な環境に閉じ込められて、世界中のアスリートはどう思うだろうか。東京五輪の開幕まで、あと半年。施政方針演説で安倍首相が「国民一丸」ムードを高める中、選手たちが最も長い時間を過ごす選手村の宿泊棟は既に完成している。

 現地を訪れると、東京湾を望む晴海埠頭の44ヘクタールもの広大な敷地に21棟がそびえ立つ。驚かされるのは草木がほとんど生えていないこと。緑にあふれていた招致時の選手村の完成イメージ図とは、程遠い光景である。

 五輪終了後に選手村は「HARUMI FLAG」というマンション群に生まれ変わる。その宣伝文句は「本物の森へのこだわり」。約100種、3900本もの樹木を植える計画だが、現時点で街路樹は一本も見当たらない。

 まさにコンクリートジャングル。さらに驚いたことに大会期間中も、この緑のない状態が続くというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る