小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<44>ピンチの相手には同情するよりも「私もよ」とフォロー

公開日: 更新日:

 大勢の方を前にして、とっても恥ずかしく感じる事態に直面し、「もうこの場から消えてしまいたい!」という心境になったことはありませんか? 私にはあります。でも、見事な“救いの一言”をかけていただいたことで、ピンチを切り抜けられることができました。私にとっては忘れられない経験です。

 それは6年前、私のために大手企業の社長や重役など、とても偉い方々が集まってくださった食事会でのことでした。豪華なフランス料理店で、めったにお会いできない企業トップから直接激励の言葉をいただきながらの食事です。最初から緊張でガチガチだった私は、途中からだんだんとお腹が痛くなってしまい、デザートが出るタイミングでとうとう席を立ってしまいました。

 トイレの個室の中で「落ち着け、落ち着け」と気持ちを整えようと焦るほどに、さらにお腹は痛くなっていきます。鏡を見ると顔まで真っ赤。「テーブルでは今頃、デザートのアイスクリームに火をともすデモンストレーションで盛り上がっているはず。本当は主役の私もそこにいるべきなのに……」と思うと、心臓から汗が噴き出そうになりました。ようやく落ち着いて席に戻ることができる状態になっても、「心配されているだろうな」「どういう顔で戻ったらいいのかな」と、また緊張の波が押し寄せて来ます。すると、席に着いたその瞬間、「私もあったのよ~」との声が。すかさず話を切り出してくれたのは、ある女性重役でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る