小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<41>注意や指摘をするときは「もったいない」を使う

公開日: 更新日:

 注意や助言をしたいと思ったとき、「プライドが高そうで言いづらいなぁ~」「言うべきか、いや見過ごすべきか……」と迷いが生じたことはありませんか。「職場で良好な人間関係を保つためには怒らせたくないけど、これだけは言っておかなければいけない」――そんな場面で大活躍する魔法の言葉があります。

「もったいない」

 このフレーズを入れるだけで、こちらは言いやすく、相手は受け止めやすくなります。

 たとえば、あなたが上司から「君は〇〇をしないほうがいい」「こういうところが悪いから直すべきだよ」なんてストレートに言われたらどうでしょう? 大抵の方は「アドバイスありがとうございます」と頭を下げつつも、内心ではムッとするはずです。

 改善すべき欠点を他人にズバリ指摘されるのは、あまり気持ちのよいものではありませんよね。特に年配の男性や役職が付いている方々はプライドが邪魔をして、目下の人からの指摘に対して素直に耳を貸せません。それどころか、「失礼だな、けしからん!」と怒りに火が付いてしまうこともあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  4. 4

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る