妻が末期がんに…涙が止まらずどうすればいいか分からない

公開日: 更新日:

 愛別離苦(愛する者との別れ)というものは避けられないこと。釈迦はこの苦しみがあることを悟り、自ら愛着を断ちました。

 愛情からは憎しみや悲しみが生まれてしまう。つまり、愛することは苦しみの種でしかないのです。だからといって人を愛さずには生きていけないのが、世間で生きる私たちの姿です。

 私たちは、愛するということから多くの学びを得ているのです。お釈迦さまのように欲望を断って生きられないのなら、人を愛していかねばなりません。

 ただ、時に愛は思うようにいかない事実も教えてくれます。どんなに愛しても伝わらない。愛し合ってもいつしか別れなければならない……。これらも、この世の理。愛する覚悟は決して生半可なことではありません。

 伴侶の病や死別を、どう受け止めていけばよいのでしょうか? それには、まずあなた自身がちゃんとした死生観を持たなければなりません。仏教の教えでは死は終わりではなく私たちはどんなに頑張っても、人知を超えた大いなるものに最後はお任せしなければならない。死は悲しく虚しいだけのものではない。そんな死生観をご自身が学び、自然の摂理に身をゆだねることができたなら、多少なりとも大きな心で奥さまの病気を受け止めていけるようになるかもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る