ARで小型立体地図を開発した研究者「家庭で科学の学びを」

公開日: 更新日:

 コロナ禍の影響で、博物館の見学が難しくなっている。そんな中、「子どもたちの学びを止めない」と、研究者によるベンチャー企業が立ち上がった。博物館にあるプロジェクションマッピングを活用する大型立体地図に勝るとも劣らない家庭用立体地図を開発したのだ。A3サイズより一回り大きい程度の小さな地図が、いったいどんな手を使うと、大型地図を超えられるのだろうか。

 家庭用立体地図を開発するのは、茨城・つくば市の産業技術総合研究所から生まれたベンチャー・地球技研。所長の芝原暁彦氏は、恐竜にも詳しい古生物学者だ。

 地球技研はこれまで、主に博物館などに向けた大きな立体地図を製作してきた。例えば、つくば市の地質標本館にある立体日本地図は、長さ9メートル、幅7メートル。陸地だけでなく、日本列島周辺の海底地形まで正確に再現されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  4. 4

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  5. 5

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  8. 8

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    連日ウソばかり 橋本聖子会長が自己崩壊しない摩訶不思議

もっと見る