オンライン授業はうやむやに…ICT教育導入はどうなった?

公開日: 更新日:

 昨年3月、新型コロナウイルス感染拡大防止による全国の学校への臨時休校要請によって学校教育のオンライン化に注目が集まり、多くの学校が対応に追われた。今回の2度目の緊急事態宣言下では、休校要請は出されていないが、結局オンライン化はどうなったのか。自身も中高の数学科教員として勤務しながら、教育現場のICT(情報通信技術)コンサルティング企業「スクールエージェント株式会社」を経営する田中善将代表取締役に話を聞いた。

「昨年の休校時にオンライン化をうまくやれていた学校は、校長が自ら情報を吸い上げ、機材の貸し出しや授業の方法などを判断していけました。ただ、そういう学校はまれだったと思います。民間企業がICT教育のパッケージをつくり、勉強会などを開催しても、その情報自体を吸い上げられていない学校も多かったのです」

 そして、6月に休校要請が解除されると、授業は今まで通りの形に戻り、オンライン化に関してはうやむやになってきている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  4. 4

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

もっと見る