オンライン授業に嘆く大学1年生…再受験を狙う仮面浪人も

公開日: 更新日:

「こんなはずじゃなかった」――。この春、都内の大学に入学した1年生から、こんな声が漏れ始めているという。入学してはみたものの、新型コロナウイルス感染防止のため、大学の授業はずっとオンライン続き。自宅で暮らす以外の学生は慣れない1人暮らしに加え、新しい友だちもできないままだからだ。

 都内で1人暮らしする私大1年生の三島良助さん(19=仮名)がこう言う。

「正直、落ち込んでいますね。これだけオンライン授業が続くと、通信教育課程と変わらないじゃんって。何のために大学に入ったのか分からなくなります。オンライン授業で、1日何時間も1人でパソコンに向かう気分って分かります? たまりませんよ。同じような環境にある旧友とは『こんなはずじゃなかった』って互いに愚痴を言い合っています」

 コロナ禍でなければ、新入生は今ごろ、サークル活動や新しい友だちとの学生生活を楽しんでいる頃だ。しかし、今はキャンパスに足を運ぶことさえもままならないという。都内の私大に通う1年生の中里順子さん(19=仮名)は「私は、オンライン授業中は受験勉強をやり直す機会と考えています」と言い、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る