早慶などの有名私大は中高大どの段階が最も入学しやすい?

公開日: 更新日:

 今年は緊急事態宣言が出される異例の状況の中で入試シーズンに突入した。東京などの都市部を中心に、私立中学の受験を選択する児童の割合は増えている。なかでも、そのまま大学に上がれる慶応や早稲田などの大学付属校人気は依然として高いという。

 付属校の場合、その多くが小学校から大学まで門戸が開かれているが、どの段階が最も入りやすいのか。プロ家庭教師集団「名門指導会」代表の西村則康さんに話を聞いた。

「小学校受験は特別で、中学以降とは異なりお子さんの能力よりも親が見られる傾向が強く、お受験対策を行う塾に通う必要があるほか、慶応幼稚舎の場合、慶応につながりがある方を探したりと学習以外の面が結果に反映されやすいといえます。学校ごとに特徴が異なりますが、慶応に関しては中学以降で受験する場合、最も入学しやすいのは大学で、大学に入ることが目的であれば、大学受験で目指すのでも十分可能でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る