中学受験“偏差値50”の壁 地方トップ公立校出身の父の心情

公開日: 更新日:

「授業のオンライン化で浮き彫りになったのは、普段から落ち着いて勉強に取り組めているお子さんにとって、コロナの影響はほとんどなかったことです。なかには、普段の授業は先生の話や板書が早すぎてついていけなかったのが、何度も繰り返して授業が見られた分、オンラインの方が理解しやすかったと話すお子さんもいました。一方、やらされ感のあったお子さんは勉強のペースが落ちていました」

 と話すのは、プロ家庭教師集団「名門指導会」代表の西村則康さん。今年も中学入試がピークを迎えているが、新型コロナウイルスの影響でオンライン授業が取り入れられるなど学習環境に変化があった。これから新学期に向けて塾の広告を頻繁に目にする時期になるが、昨今は子供の受験に熱心な父親が増えているという。

「塾への送り迎えだけでなく、学校選びから学習状況まで、お母さん任せにせずにお父さんも一緒になって真剣に向き合っている印象があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

  10. 10

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

もっと見る