柏耕一
著者のコラム一覧
柏耕一

出版社勤務後、編集プロダクションを設立し、出版編集・ライター業に従事。ワケあって数年前から交通誘導員として働きはじめる。その実体験をもとに悲哀あふれる筆致でつづった「交通誘導員ヨレヨレ日記」(発行・三五館シンシャ、発売・フォレスト出版)がベストセラーに。著書に「岡本太郎 爆発する言葉」(さくら舎)ほか。現在は交通誘導員卒業を模索中。

30代の同僚女性に好みを聞くと「柏さんのような人」と…

公開日: 更新日:

 私の本を読んだ50代の編集者がこんなことを言っていた。

「面白かったけど、女っ気がないね。女性警備員と浮いた話のひとつくらいなかったの?」

 残念ながら私にはなかった。当たり前だろう。カネもない70歳を過ぎた交通誘導員に好意を寄せる女性なんているわけはない。とはいえ40歳前後の警備員同士が結婚した例を2組知っている。普通に働いている警備員はせいぜい月に20万円くらいしか稼げないが、夫婦になれば収入は倍になるのだから、そんな悪い話ではない。

 今、交通誘導員全体に占める女性の割合がどの程度か正確な数字を知らないが、私の見たところでは2割弱といったところだろうか。もちろん女性でも50代以上が断然多い。

 私が初めて警備員の募集に応じて研修を受けた時、22歳くらいの女性がいた。話を聞くと、彼女はその直前に銀座のクラブの1日体験ホステスにトライしたことがあるという。しかしマネジャーに髪の毛や服装はもちろん接客態度であれこれ注意を受け、すっかり嫌気が差した。そこで警備員、と考えたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  7. 7

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    吉田羊が主演ドラマをハシゴ 密会報道から5年目の完全復活

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る