柏耕一
著者のコラム一覧
柏耕一

出版社勤務後、編集プロダクションを設立し、出版編集・ライター業に従事。ワケあって数年前から交通誘導員として働きはじめる。その実体験をもとに悲哀あふれる筆致でつづった「交通誘導員ヨレヨレ日記」(発行・三五館シンシャ、発売・フォレスト出版)がベストセラーに。著書に「岡本太郎 爆発する言葉」(さくら舎)ほか。現在は交通誘導員卒業を模索中。

通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

公開日: 更新日:

 交通誘導員がつねに恐れていることがある。それはクレームである。ドライバーや近隣住民のクレームは対応をひとつ間違えると大ごとになってしまうからである。こんなことがあった。

 ある日、ガス工事現場に行くと、ガス工事会社専従の女性隊長が私の顔を見るや、こう声をかけてきた。

「柏さん、つかぬことを聞くけど、〇日の千葉の現場で犬を連れたお年寄りとトラブルにならなかった?」

 心あたりは全くない。「どういうことですか?」と聞き返した。すると隊長は顔をしかめて「大きなクレームがあったのよ」と事情を話し始めた。

 その現場では丁字路の突き当たり中央でガス工事が行われていた。道幅が狭いので車はすれ違いができないため、3方で車両通行止めとなった。自転車や歩行者は通れないこともないが、対応は工事の進捗状況次第ということになった。工事箇所にダンプが横づけされれば自転車・歩行者の通行もままならなくなるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る