名門・桜陰中高も採用 女子生徒の制服“スラックス”化で「はにわスタイル」が消える

公開日: 更新日:

 全国の中学、高校で女子生徒の制服にスラックスを採用するうごきが広がる中、21日付のアエラドットが東京都内の「桜陰中高」のスラックス採用経緯を記事化してあらためて話題となった。

「分か~るだろ! 分かるだろ!」「このハゲー!」。衆議院議員時代、後部座席から男性運転手を怒鳴りつけたテレビコメンテーターの豊田真由子氏(47)の出身校でもある同校は間もなく創立100年。「御三家」とも呼ばれる名門女子高だけに多くの読者の関心を集めたようだが、こうした女子生徒の制服「スラックス採用」の動き対し、地方の住民から上がっているのが「いよいよあの姿が消えるのも近い」との声だ。

「あの姿」とは、女子中学、高校生がスカートの下にジャージをはいて登下校する「はにわスタイル」。

「長野や群馬など山間部で今も見られる姿です。冬場の登下校はスカートだと寒くて仕方がないが、校則でストッキングは禁止。そこで、やむを得ずスカートの下に体操着をはいて防寒対策したのが始まりとされる。その姿は古墳時代の埴輪にそっくりだったため、『はにわスタイル』と呼ばれたのです」(長野県地元紙記者)

 とりわけ寒さが厳しい今冬。女子生徒が極寒に震える地方ほど、スラックス制服が定着してほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”