米男性患者は「死んでも受けない!」 手術前のワクチン接種拒否に波紋広がる

公開日: 更新日:

「新型コロナのワクチン接種は個人の自由な選択であるべきで、強制されるものではない」--この信念に基づいてワクチンを接種してこなかった男性が、腎臓の移植手術を病院から断られ、文字通り死に直面している。「ワクチン接種の義務に従うくらいなら自由に死ぬ」と言うのだが……。

 この男性は米ノースカロライナ州に住むチャド・カースウェルさん(写真)。これまでに2回、新型コロナに感染。複数回、心臓の手術を受け、両脚を切断している。現在、腎臓の機能が4%にまで低下し、週3回の人工透析を受けており、腎臓の移植手術を受けなければ命が危ない。

 地元のバーク郡でチャドさんのために行われた募金活動の結果、手術の費用が集まり、腎臓のドナーにも100人以上が手を上げた。

 しかし、手術を行う同州ウィンストン・セーラムにある「エイトリアム・ヘルス・ウェイク・フォレスト・バプティスト病院」は、チャドさんに対して「移植を受ける人とドナーが共にワクチンを接種済みであることが手術の条件」と伝えた。

 チャドさんは「手術を受けるのにワクチン接種が条件であるのはおかしい」と反発。「接種を行うつもりはない」と返した。病院からは「接種して移植手術を受けないと死にますよ」と言われたが、「死ぬつもりです」と答えたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?