岸田首相いよいよ窮地に…元米議長が統一教会系トップの面談同席認める

公開日: 更新日:

 動かぬ証拠の写真を突きつけられてもなお、旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の関連団体トップとの面会を「同席者は承知していない」と言い張る岸田首相。その説明はいよいよ苦しくなってきた。

 7日の朝日新聞によると、岸田首相が2019年にニュート・ギングリッチ元米下院議長と面談した際、旧統一教会の関連団体「UPFジャパン」の梶栗正義議長と、米国教団の元会長マイケル・ジェンキンス氏も同席していたとされる問題で、ギングリッチ氏が同紙のメール取材に「トップらの同席は事実だ」と回答したという。

 ギングリッチ氏は、その場にいた各人が会話も交わしたとして、当時撮影したという写真を提供。写真に納まっているのはギングリッチ氏と岸田首相、梶栗氏、ジェンキンス氏だと説明したという。

 これでもまだ岸田首相はシラを切り続けるつもりか? ええ加減、往生せいや。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

  3. 3
    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

  4. 4
    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

  5. 5
    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

  1. 6
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  2. 7
    市場で注目される「低PBR銘柄」 個人投資家の投資戦略と東証が評価する29社

    市場で注目される「低PBR銘柄」 個人投資家の投資戦略と東証が評価する29社

  3. 8
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 9
    「だれかtoなかい」代役に石橋貴明待望論 フジ社長のMC交代示唆でネットで飛び交うが実際は

    「だれかtoなかい」代役に石橋貴明待望論 フジ社長のMC交代示唆でネットで飛び交うが実際は

  5. 10
    「なにわの台所」は雰囲気ガラリ“ぼったくり市場”に…築地場外では和牛1串が3000円!

    「なにわの台所」は雰囲気ガラリ“ぼったくり市場”に…築地場外では和牛1串が3000円!